ハースストーン闘技場で勝てない君へ(アリーナ攻略コツ) | ハースストーン

ハースストーン闘技場で勝てない君へ(アリーナ攻略コツ)

Sponsored Link
 

※ここはハースストーン闘技場で4勝以上出来ない人に向けたページです

ハースストーン闘技場攻略目次

1、※最初にして絶対、超重要項目
2、カードの選び方
3、アリーナでの戦い方

アリーナで超重要なこと

最大値ではなく高い平均値を目指すべし

最大値とは、「理想」ですね。かっちり構築したのでは思えてしまうデッキです。
確かに理想がくれば負けません。12勝も容易いでしょう。

ですがアリーナでは、
最大値なんて絶対に出ません

フレイムストライクがないメイジ
アサシンブレードがないローグ
悪魔が弱い2、3体しかいないウォーロック
獣ゼロハンター

エトセトラエトセトラ・・・
これが普通です。2回に1回はこんな感じです。

特有カードが引けないことは非常に痛い。なぜならジョブ特有のカードは共通のものよりも強力であることがほとんどですし、1枚で場を一変させる力があります。そして当然無いなら、デッキパワーは低くなります。

でも安心してください。
あくまで私の肌感覚の話になりますが、アリーナ参加者の8割ぐらいは、運が悪い人たちです。たしかに「おいそのデッキおかしいだろ」と拭いてしまうような人とも遭遇します。ですが、やはりほとんどの人はなにかしら欠けてるデッキで、それが普通です。

だから、
欠けることを前提とした『平均値の高いデッキ構成』にしないといけないわけです。

そしてその平均値の高いデッキ構成をするのに、どの職業だろうと関係ありません。職業依存カードに頼ることは、むしろギャンブルになるわけですからおすすめできません。

そしてその平均値をあげる方法が、ミニオンの質とドローカードです

ハースストーン闘技場のカードの選び方

ミニオンの質はステータスが全てと言ってもイイ

アリーナでの勝負展開は、ほぼ確実にミニオン同士の殴り合いです。

①自分のターンにミニオン置く
②相手がそれを破壊して、相手のフィールドにミニオンが残る
③自分はそれを破壊してまた新しいミニオンを

これを10ターン前後繰り返して、勝負を決することになります。この殴り合いに勝つ必要があるからこそ、高いステータスが必要になるわけです。

最高品質ステータス概要

2マナ:3-2、2-3
3マナ:3-4
4マナ:4-5
5マナ:5-6、5-6
6マナ:6-7、7-6

大体こんな感じ
例えば、4マナのイエティ。
最初からある初期カードですが、4-5とアリーナ最強カードの1枚です。

他にも「ベンチャー社の傭兵」は
マナ5で7-6。デメリットに自分の他のミニオンコストが+3。ですが、そのデメリットが塵に感じる程度にはステータスが大事だということです。

最悪ではないが微妙だなーとスルーしてしまうカード例

熊さん。3-3のTaunt(挑発)持ち。弱い扱いで、3マナカードが少なかったり他にいいカードがなければ妥協するのが熊さんです。考えれば簡単ですが、3-2/2-3が合わせて結構な数います。アリーナでは大体の人のデッキに入っているでしょう。2-3相手でも、ヒーローパワーと合わせれば倒せますので、弱い扱いです。もし3-4だったなら、熊さんは進んで入れたいカードでしょう。

マナカーブは薄ら意識程度で良い

各マナの個数をバランス的に・・・・・・
ということを表現したのが「マナカーブ」という言葉なわけですが、

ぶっちゃけてしまえば、
マナカーブを意識するというよりは、4~5マナが少ないからちょっと増やそうとか、そんな感じです。

参考各マナミニオン数

1-2:7前後
3:4とか5とか
4-5:10

多少バランス悪くとも質の高いミニオンを用意できてれば勝てる

こちらをご覧下さい。
2015y12m08d_003236937

実は3マナミニオンが1体しかいません。
これはかなりよろしくないことで3ターン目は、最も状況が動くだろう4・5ターン目の前準備なので、3マナミニオンが1体しかいないのは、大きなハンデになります。3マナは4体程度は欲しいです。
このデッキの場合、3マナが来ないので4/5マナのミニオンが11体用意しました。これで4ターン目以降の展開をかなり強化させたわけです。そして実際に負ける展開は、すべて序盤で詰められてそのまま5ターン目ぐらいに決着です。

ですが、それでも7勝です。
もちろん、バランスがいいに越したことはありません。良バランスは12勝に導いてくれることでしょう。しかし無理に取ったバランスデッキでは、4勝も難しいのもまた事実です。
多少ミニオン構成のバランスが悪くても質の高いカードのみを集める方が大事です。なぜならカードは30枚しかなく、その1枚に雑魚を入れるのはかなりの痛手になるからです。上で挙げたような、熊さん3マナに3-3、もう1マナあればなーというカードは妥協していっていいでしょう。それ以上はきついのでいっそないほうが強いです。

能力はこの5つがおすすめ

ステータス強化
ダメージ付与
ステルス
ディバインシールド
カードドロー
別モンスター召喚

あとは、アリーナ中にされて嫌だった能力らを覚えておくといいかもしれませんね。

アリーナカード選択概要

①15枚目まではひたすら質の高いカードのみに尽力
②そこから足りないカードを探す。

参考各マナミニオン数

1-2:7前後
3:4とか5とか
4-5:8-10(ここを最も使うので多すぎて困ることはない)
6-:3-5

アリーナでの戦い方

アリーナで勝てる人のデッキ構成は、

ミニオン:22枚~25枚
呪文:5枚~8枚
大体こんな感じです。

少なくとも7割以上がミニオンだということですね。
よってアリーナの戦いはミニオン同士の殴り合いになります。呪文合戦にはならないということです。

(※もちろん呪文の警戒は大事ですが、もっと大事なこともあります)

ミニオン同士の殴り合いで大事なターン終了時の3段階状況

①相手の方が強い状況で終了
これは最悪です。相手の有利な状況で相手にターンが行くわけですから、ますます差が開きます。

最初は2マナ2-3のミニオンだけの差だったかもしれませんが、次アナタが3-4の3マナ協力ミニオンを出したとしても、2マナミニオンで倒されてしまいます。そして差はドンドン開いていくわけです。

 

②拮抗状態でターンパス

だから相手のライフを削るタイミングは、瞬間を確立できた瞬間

Sponsored Link
PAGE TOP ↑