モンハンワールドの初心者、序盤おすすめ武器紹介!装備スキルに11のコツ|モンハンワールド(MHW)

モンハンワールドの初心者、序盤おすすめ武器紹介!装備スキルに11のコツ

 
Sponsored Link
 

汎用性が高く、効率的で、上達も早い。そんなおすすめ武器やコツを紹介しています。しっかりこなせば、倍は成長速度が速まり、あっという間に強くなれるので、是非参考にして下さい。


Sponsored Link

武器は大剣を使え

初心者は圧倒的に、大剣。具体的には、無属性の大剣を最後まで強化していきましょう。

なぜか、しっかり解説していきます。理由は3つ。

①大剣はありとあらゆるモンスターに相性80点以上

モンスターに対して、大剣が最良である場合は、実は少ないです。

よくよく考えると当たり前で、武器が10種以上もあり、すべてのモンスターそれぞれで適した武器は違うのですから、最も適切な武器選びをすれば、大剣以外になる確率のほうが高いです。

しかしながら、大剣はすべての武器の中で最も万能性が高く、どのモンスターも大剣で上位の記録で倒すことができます。汎用性が高いことは、必要素材が少なくてすみ、マルチプレイでも安定した活躍ができるでしょう。

ではなぜ、すべてのモンスターに相性がいいのかというと、2つ目の理由の話になります。

②ありとあらゆる立ち回りができる

このゲームにおいて、最も上達が早いのが、立ち回りの基本を覚えることです。

ガード、回避、ヒットアンドアウェイ、攻撃のタイミング、タメ攻撃のタイミング。モンスターハンターに必要な、これらすべての技術が、高頻度で発生する武器です。

取れる行動の選択肢が広いことは、モンスターへの対応力の高さに等しく、どのモンスターにも高いパフォーマンスを発揮してくれるんですね。

すべてのテクニックが高頻度で出るなら難しそうと思うことなかれ。回避が苦手でもガードで十分ですし、無理にため攻撃を入れられるようになる必要はありません。

大剣は非常に攻撃力が高く、1撃与えて離脱するのが基本なので、まだまだテクニックが無くても勝つことができます。拙い立ち回りでも対応は可能で、使えば使うほど、多くのテクニックを得ることができる、それが大剣です。

③低ランクの武器でもすでに高性能

大剣は、とにかく一撃が重く、初期武器の段階でかなりの性能を持っています。

武器が強ければ、必然的に難易度が下がります。

 

補足:おすすめ武器として片手剣は2番手

片手剣は、身軽で立ち回りがしやすいうえに、とにかく死にません。モンスターと戦っていると、なんとなく戦えている気がするのが片手剣です。

しかし実情は、序盤における武器として、非常に性能が低い上に、切れ味も悪くなりやすく、1戦あたりにかかる時間もかなり長くなります。最悪の場合、時間制限でタイムオーバーなんてこともしょっちゅうです。

加えて、立ち回りがしやすいと表現したのは、「モンスターの攻撃を受けにくい」という意味であって、「モンスターに勝ちやすい」という意味ではなく、むしろ「攻撃は大変」な部類です。片手剣はリーチが短いので、モンスターとの距離を想定以上に近寄らなければなりません。たとえば尻尾や頭の部位破壊をしたいけど、片手剣が届かないとかよくある話です

一番死なないけど、一番時間がかかるのも片手剣です。このゲームはできるだけ早い段階で、上に行ったほうが強い武器も手に入れることができるし、他の武器を試す機会も増えます。

加えて、素材集めには周回をしますが、片手剣になると時間がかかります。ゴリ押しで済むモンスターなら、慣れた片手剣より、大剣の方が2倍早いなどもありえます。

※補足の補足:他の武器について

たとえば、一番かっこいいからか、太刀が一番人気だったりします。ですが、このゲームはモンスターとの接近時間がながければ長いほど難易度が上がります。双剣も同じですが、それらは難易度が高いです。

もう少し詳しく言うと、特に考えずとも突っ込んでれば勝てる相手なら押し切れるけれど、難易度が上がってくると詰まりやすいのが太刀です。大剣だとガードすれば良いところを、太刀だと避けなければならないんですね。

じゃあ遠距離のライトボウガン、ヘビィボウガン、弓かという話になりますが、装甲が柔らかすぎます。当然、防御力が低ければ低いほど難易度が上がります。攻撃のとおりにくさから、肉質を完璧に理解して置かなければならないという点や、尻尾を切り落とせないという欠点もあり、射撃武器は初心者向きではありません。

ハンマーも強いのですが、尻尾を切り落とせないので効率が悪いです。

大剣は、ヒットアンドアウェイが基本の接近時間が短く、装備は固く、ガードも非常に有効。よく言われる足が遅いという欠点はありますが、脚が遅いことは着脱に慣れれば解決できますし、ガードでもカバーできるでしょう。序盤はアイテムの元気ドリンコやこんがり肉を食べて、体力ゲージも上げて、ガードも多用できます。

他の武器にも一長一短ありますが、結局いいとこ取りをしたのが大剣なんですね。どの武器か悩んでいるのなら、大剣を使うことを強く推奨します。

大剣の戦い方を叩き込め

2つ目は、武器ごとの攻撃パターンのはなしです。この記事では、大剣を使うこと前提で話しますが、武器ごとにどのように立ち回るかは決定しています。これに従わないのは、ライトボウガンで近距離戦を行うようなもので、非常に弱い動きになります。上手い人と言うのは、この基本パターンを忠実に守り、その上で臨機応変に対応しているだけに過ぎません。

アニメや小説のように、ライトボウガンで殴ってたら無双できたなんてことは発生しないので、気をつけましょう。

大剣のパターンですが、【抜刀斬り→離脱→納刀】。これを絶対的なパターンだと思ってください。これ以外に優れたパターンはないと思ってください。大剣は、1度の攻撃力が極めて高いため、これでも1度当てて逃げるだけでも余裕でクリアできます。

もちろん、一度しか攻撃しては行けないなんてことはなく、2度3度連続攻撃をしてからの離脱も試してみてください。攻撃を受けてしまったら、やりすぎなので、減らせばいいんです。

大剣はパターンが早く身につくので、行動の幅を広げやすいのも魅力ですね

抜刀斬りを確実に当て、確実に離脱できるパターンを見つけるだけ

攻撃を当てる
攻撃を喰らわない

結局、やるべきことはこの2つだけ。ならば1度以上攻撃当てて離脱もできるタイミングを見つければ良いということです。

3つ、4つとたくさん見つければ、攻撃タイミングも増えて、早い時間で倒すことができるというわけですね。

根拠のない攻撃はしない

上手い人であればあるほど、モンスターの反応によって、行動はパターンになります。

具体的には、「今大ぶりの攻撃が来るから、避けて過ぐに詰めれば3発入れられる」というように、ちゃんと根拠を持って攻撃をしかけています。上級者は、この明確なパターンを無数に持っていて、下手な人はこれがありません。とりあえず、雰囲気でスキが多そうだから戦っているということです。

最初は1つでもいいです。1つ見つけるのはとても簡単です。しかし、明確で絶対的なものでなければなりません。攻撃を仕掛けるときは、明確な根拠を持ちましょう。

もちろん、最初は仮説ですからどんどん攻撃を仕掛ければいいですが、一度決まった攻撃をよく覚えておくことが大事です。

弾かれない場所を攻撃する

弾かれるのはめちゃくちゃ危険で、かなりの時間無防備になります。

対策として、砥石を使うこと、切れ味のいい武器を使うこと、弾かれない場所を攻撃することです。

もしモンスターに攻撃を仕掛けて弾かれたら、砥石で切れ味を戻してください。最大値でも弾かれるなら、その場所は攻撃してはいけません。

 

すべての武器は、無属性特化にすべし

MHWでは、モンスターによって、有効な属性が違います。

属性がついている武器は、武器攻撃力が低くなります。敵がばっちし弱点であったら、最高のパフォーマンスを発揮してくれますが、もし効かない属性であったなら、単純に攻撃力が低い無属性武器に成り下がり、最悪タイムオーバーになるほど火力不足に陥ります。

無属性武器を強化していけば、不利になることは絶対になく、どの敵にも一定以上、それもかなり高い水準のダメージが通ります。

大剣がどのモンスターに対しても最適解でないのと同じように、無属性が最適解であることはないと思います。適した最良の武器、弱点属性の武器を選んだほうがダメージは多く通るでしょう。

しかしこのゲームでは武器を作るのはかなり大変で、複数の武器を作っている余裕なんてありません。であれば、どんな相手にも平均的に高いパフォーマンスを出してくれる無属性特化の武器が良いということです。いちいち属性が合うのか合わないのかを考慮しなくても済むというのも魅力的です。

龍属性武器のすすめ

無属性特化の次に作るべきは、龍属性だという話です。

なぜなら、古龍は総じてが龍属性が弱点だからです。古龍というのは、めちゃくちゃ強く、体力も多く、肉質も硬いので、弱点をつかなければとんでもない時間がかかる場合が多くなってきます。

通常竜のように、汎用性の高い無属性大剣で十分だー!というわけには行かないんですね。

弱点属性を作る目的は、『何か特定のモンスターに対する特化武器』なのですから、まず最も手こずる古龍をターゲットにして選びましょう。

Sponsored Link

よく当たってしまう攻撃に、4つのアプローチをしてください

4つ目の上達のコツは、当たってしまう攻撃を順番に対策していこうというものです。

なかなかうまくならない人というのは、同じ攻撃に対して、何度も同じような対応をして、ひたすら攻撃に当たり続けます。つまり、攻撃は適切な対処さえすれば案外簡単に対応できる、ということに気づいていないんです

モンハンを上達するには、「よく当たる攻撃」を把握して、「回避」「ガード」「予期」「場所変更」の4つのアプローチを行います。

具体的な手順

  1. 回避で対応してみる
  2. ガードをしてみる
  3. 前兆的な行動によって、予期して離れる
  4. すべて失敗したなら、立ち位置もしくは攻撃タイミングを変える

モンハンは、上記4つの手順によって、モンスターに対する立ち回りは、ほぼ全て解決します。

①回避をしてみて、失敗した。

避けるのが難しいのであれば

②ガードをしてみて、失敗した

ガードも有効に働かないなら

③前兆的な行動を見て、事前に離れるタイミングを掴む。

前兆がほぼなく難しかったり、前兆から行動が早すぎて避けられないなら

④立ち位置、攻撃タイミングを変更する

これをひたすら繰り返すことで、モンスターを手のひらの上で弄ぶことすら可能です。実は皆さんはこれを無意識のうちにやっているんですが、これをしっかり意識してやると、素早くモンスターに対応することができます。

アイテムを事前準備するべし

アイテムを完全に準備すれば、クエストの難易度は大幅に下がります。

回復薬、回復薬グレート

最重要アイテム。多ければ多いほど良く、最も使用頻度が高いアイテム。

一番いいのは、回復薬グレートを使うこと。

回復薬ももちろんもちこんで、はちみつ+調合書1+調合書2で、回復薬グレートを作る

こんがり肉、元気ドリンコ

スタミナ最大値を上げることができる。上級者になると、強走薬を飲むことになるが、序盤のうちは常に確保しておくべき。

スタミナは、回避回数、ガード回数、ダッシュ距離、攻撃回数など、めちゃくちゃ重要な項目のため、重要。

秘薬

体力の上限値を最大まで上げてくれる。体力も全回復するため、1つ持っておくだけでもかなり難易度を下げてくれる。

砥石

武器の切れ味を保つために重要な必須アイテム。

こやし玉

使いみちは2つで、捕食攻撃を食らったときに逃げることができること、そして強力なモンスターが同マップにいるときに、同時に襲われないようにするためです。

罠など足止めアイテム

閃光玉、落とし穴、音爆弾、シビレ罠、落とし穴

足止めをしている間に、多くのダメージを与えることができるアイテムです。特に閃光玉は、使用できる頻度も多く、持ち込みも多いため、積極的に使っていいと思います。

上級者ができるだけ早く狩ろうとするときは、必ずと行っていいほどに使うのは、防御無視でガシガシ叩けるからです。常に準備する必要はありませんが、苦戦したなら、真っ先に使うべきはこの足止めアイテムですね

閃光玉を当てるコツを覚えておく

閃光玉を当てておくと、モンスターがくるくるぱーになって、闇雲に動くようになります。後ろに回っても尻尾攻撃をする頻度は減り、側面にいても前面に攻撃を仕掛けるため、大量の攻撃を行うことができます。

閃光玉は、モンスターの視界に投げるわけですが、進行方向に投げようとすると結構難しいです。ですが、簡単に当てられる方法があります。

  1. 自分の後ろへ投げる
  2. 罠から抜けたときに
  3. 決まった行動直後に

前に投げるとモンスターの顔をすり抜けてから閃光を発してしまい、不発になりやすいです。なので、基本的にモンスターがこちらを向いているときを見計らって、後ろに投げてください。慣れれば、100発98中です。

罠から抜けたときというのは、必ず同じ行動をします。同じ行動をするということは、場所さえ覚えれば確実に当てられるということです。

咆哮を発したり後ろに飛んだり、と言った行動は、近づけないけど安全な瞬間です。そのようなタイミングで、閃光玉を当てると、かなり効果的です。

☆最重要:勝てない敵への対処手順を決めておく

色々書きましたが、すべてを実践するのは実に難しいです。と言うか面倒くさいです。

情報も多いし、コツと言いながら、案外複雑なこともあります。

だから全ては実行する必要はありません。コツというのは何のためにあるのかといえば、要は倒せなかったときに実践してカバーすればいいわけですからね

 

まず、どの敵に対しても、必ず実行するもの3つです

①体力+スタミナ対策(回復薬グレート、回復薬、元気ドリンコ、こんがり肉)

②【抜刀→離脱→納刀】のパターンで攻撃。

③パターン攻撃のタイミングを探す

まずこれを実践することに注力します。

苦戦したら行う対策

①よく効くアイテム、罠を持っていく

②回復アイテムが足りなければ、秘薬や、いにしえの秘薬を持っていく

③特によく当たる攻撃に3つのアプローチをしてみる

④めちゃくちゃ攻撃してるのに倒せないなら、肉質を調べてみる

上から順番にやっていけば、勝てるようになると思います。特にアイテム、罠は、攻撃する回数が単純に激増するので、非常に有効です。

④の肉質というのはつまり「よく利く部位」と「ダメージの通らない部位」の把握です。大事なことは大事なんですが、血眼になって探すほどでもなく、初心者は結局色んな所を攻撃するので、弾かれない場所がわかるならあまり関係ない気もします。

★最強のコツ:ぶっちゃけこれだけでも可

さて、上で多くのことを説明しましたが、実は最後にして、最大のコツがあります。
それは、「とにかくマルチに参加すること」です。

口や文字で説明されるよりも、実際に目で見て体験したほうが説得力が高いですし、どんどん真似していけば、「罠使ってなかったけど、めちゃくちゃ便利やん」「オトモはやっぱちゃんとやれば強いんだな」と、あっという間にコツを掴んでしまいます。

さらには、マルチとソロでは、難易度・体力が変化せず手に入る素材効率も変わりません。当然マルチのほうが早くクリアできるわけですし、武器も防具も強くなっていきますよ。

序盤の防具は、スキル体力+を優先する

マルチに積極的に行くことを前提にすると、

マルチで一番やって困るのは、3乙ですよね。マルチでは、3回死ぬことを3乙といい、使用したアイテムは全て無駄となりもとにも戻らず、クエスト失敗になります。アイテム紛失の3乙を避けるために、2回死んだ段階で、クエスト中断する風潮もあります。2乙3乙を避けるには、序盤はとにかく体力を上げるのが1番だというわけです。

「3乙で迷惑をかけるのが不安だからから行きにくい」という、不安も取り除けて、ますますマルチプレイがはかどります。

攻撃+や抜刀術、集中など、火力スキルは後回し

火力を上げるためのスキルは、私個人の意見では、おすすめしていません。最終的には爆発力のある装備を目指していきますが、序盤は違います。

まず、先程も言ったように、もっとも効率的で上達が早いのは、とにかくマルチに行くことです。そしてマルチには、3人4人分の火力があるわけです

マルチでもモンスターの体力が増えるわけではないので、1人分の火力が増えても大した違いはありません。たとえば、私の火力が防具で30%増えたとして、全体で言えば10%も増えていません。火力アップの恩恵も少ないですね

①まずは体力+スキルの防具でマルチ
②武器は無属性特化をちゃんと育てて、防具も強化
③複数のモンスターにも慣れてきて、体力がかなり余裕
④武器に合ったスキルの付いた装備を作ってみようかな
⑤慣れた敵には火力のある防具を使い、苦手な敵には耐久力のある防具
⑥どの敵にも、火力のある防具

①~⑤の流れになるのが、1番上達スピードも早く、3乙率も極めて低く、たくさんの素材を手に入れることも出来ると思います。

まとめ:結局は量×質

量:どれくらいの時間プレイ
質:どれぐらいの効率的な上達

うまくなっていくのは、結局この2つに分割できて、上記で紹介したのは、効率的な上達法です。その中でもマルチプレイは、最も効率的な上達方法だということですね。

あとはもう、狩って狩って狩りまくってください。プレイ時間が倍になれば、成果は倍になります。しかし効率は上げることがなかなか難しいものです。

結局は、ここにまとめたコツを心に留めておいて繰り返してプレイすることこそが、上達への一番の早道だということでしょう。コツなんて適当でも、プレイ時間が長くなれば、自ずとうまくなります。

あまり難しく考えすぎず、ぜひモンスターハンターライフを楽しんでうまくなっていってくださいね。

 
【★ブクマ推奨】人気記事ランキング
1位 大モンスター"全"素材効率早見表

モンハンwモンスター素材
2位 最速!【全施設】解放条件一覧
3位 大モンスター肉質&弱点まとめ
4位 全鉱石集め効率ルート
5位 ボウガン専用!全『弾の実』採取マップ
Sponsored Link
PAGE TOP ↑