MHW乗りのやり方は?上手い人実践のコツとは?モンハンワールド版|モンハンワールド(MHW)

MHW乗りのやり方は?上手い人実践のコツとは?モンハンワールド版

 
Sponsored Link
 

どうもモンハンワールド・ヲタです

MHWの初心者向けに、乗りのやり方とコツをわかりやすく紹介しています。メリットや注意点についても触れてみたので、参考にしてください。

乗りのやり方【MHW】

大まかな流れは以下の通りになる

  1. 背中にジャンプ攻撃でダメージを与える
  2. 数回目で背中に乗る
  3. △連打しながら、落ちないようにする
  4. フィニッシュタメ攻撃

では、具体的なやり方やコツを解説していく

1.背中にジャンプ攻撃でダメージを与える

モンハンワールドには『乗り蓄積値』と言うものが存在しており、背中にジャンプ攻撃を加えるのは、この値を増やすための攻撃だ。一定以上貯まると、勝手に乗るとっても便利な数値である。

だからとにかく、『乗り蓄積値を貯める』ことに全力を注げば、簡単に乗れるようになる。ではどうやって背中にジャンプ攻撃を加えるかだ。

方法1:段差を利用する

MHW乗りのやり方

もっとも多いやり方の1つ。フィールドには小さな段差があり、上にいるとモンスターが突進して壁で止まる。そのスキに飛びかかるという寸法。

背が高いモンスターは通常、大げさな崖があって運良く崖下にいるときぐらいしかジャンプ攻撃が難しいので、ボルボロスやリオレウスなど、頭の位置が低かったり、背が低いモンスター専用です。

注意としては、小さな段差だと背が低くても顔による攻撃が当たるので、避ける1拍をおいて飛びかかること。

 

方法2:ジャンプ攻撃のある武器を使う

使うのは、本作で『もっとも乗りやすいと言われている片手剣』である。動画を再生すると、数秒後に「斬り上げ⇒斬り下ろし⇒乗り」が展開する。

本当に極めて簡単で、乗りを体験したい人は、まず片手剣でやってみてください。

方法3:特殊装具「滑空の装衣」をつかう

MHWで乗りをする時便利な、装具

ジャンプの飛距離が伸びる装具です。単純にジャンプ攻撃の届く範囲が広くなるので、遠くの段差から突っ込んでいって、乗り蓄積値を貯めることができるようになります。

ただし、突っ込んでいる間に、こっちを向いてしまうリスクがあるので、他の仲間がひきつけていることを前提になります。

方法4:仲間が戦っている近くにたまたま崖や段差があった

続く4つ目の方法は、『モンスターの意識が他に向いており近くに崖や段差がある』という状況下で実践できる。

滑空の装具がなくても、近くに段差が合って、仲間がひきつけているなら、チャンスですので、積極的に狙いましょう。

その他

  • 逃げているモンスターが崖から降りたところに飛びかかる
  • すぐ回り込める段差からダッシュして飛びかかる

スキあらば、狙っていくのが、『乗り』の基本です。

背中へのダメージ補足

ダメージを与える場所を、『背中』と表現したが実はモンスターによって異なるため、モンスターに応じた場所へ攻撃する必要がある。

ただどのモンスターも範囲は広く基準は同じ

  • 胴体の背中側ほとんどで
  • 前方は首
  • 側面は翼よりも上
  • 後方は尻尾の付け根

2:数回目で背中に乗る

さて、蓄積値がたまったとする。よーし乗ったぞ!ということで、特に説明することはない。乗るためにやるべきことは、①のジャンプ攻撃を背中に当てることであって、乗る瞬間に必要なコマンドはないからだ。

3:△連打しながら、落ちないようにする

背中に乗ったあとにやるべきことは2つだ。

  1. △連打
  2. 振り落とされないよう、たまにR2
  3. タッチパッドで乗り場所移動

『1,2』はコマンドが出るからわかると思う。連打と書いていたら連打をして、R2と出たらR2を押す。R2のタイミングには合図があって、左下のミニマップの円の色だ。

白のときは、△連打

MHW乗りの合図

オレンジになると暴れようとしている合図なので、R2

MHW乗りの合図2

タッチパネルについて

本作の乗り、MHXXからの最大変化でもあるポイントで、タッチパネルを使うと「乗っている場所を移動する」ことができる。

移動することによるメリットは、弱点に移動することができるということ。弱点に移動すると、乗りのダメージをたくさん与えることができるというわけだ。それが次の項目に関わってくる

4フィニッシュ溜め攻撃は弱点に

顔や背中、尻尾のどれかが弱点である場合には、大ダメージを与えた上で、ダウンも奪うことができる。

乗りのメリットを上げてみる

  • 大ダメージを与える
  • ダウンを狙える
  • 近接で当てにくい背中破壊を狙える
  • マルチプレイ時、乗り中に仲間が攻撃し放題
  • テトルーとか言う猫集団が連携して、罠に引っ掛けてくれることがある

これだけ見ても、乗りはかなり積極的に狙っていくのが良いとわかる。特にマルチプレイでは、乗りをすることが、クリア率やタイムに大きな影響を与えることは間違いない。

仲間が沢山攻撃できるタイミングを生み出せるのは非常に大きい。1パーティに1片手剣を考えてみると、最速タイムはなくても、かなり安定したクリアには貢献してくれることが予想できる。

乗りの注意点2つ

ゴリ押しはやめておこう

乗りは戦略的には有効だが、乗りに固執しすぎて、死んでいく未来が容易に想像できる。余裕があるときに、乗り蓄積値をためていくぐらいでよく、積極的になる必要はない。

ソロでは、多用しすぎない

ゴリ押しを推奨しないもう一つの理由が、ソロと乗りの相性だ。

確かに溜めフィニッシュのダメージはそこそこだが、拘束時間に比べたら少なめで、普通に殴っていたほうが多分早い。ジャンプ攻撃の苦労に引き換え、安定性を得るために時間を犠牲にしすぎている感を否めない。

そもそも乗りの最大のメリットは、マルチプレイで、他プレイヤーにタコ殴りにしてもらうことだ。ソロでは、それが丸々活かすことが出来ない。以上のことから、あまり積極的に使う必要はないと思う。

モンスターによっては機会が殆ど無い場合も

例えば、アンジャナフは、上記で紹介した片手剣でなければ、まず乗る機会はないです。

せわしなくあっちこっち動いて、速い上に、背も高いですからね。

一方で、ボルボロスなんてめちゃくちゃ乗りやすいです。ちょっとした段差があれば、どの武器でもちょちょいと乗れます。リオレウスも頭が下がっているので、ちょっとした段差でジャンプ攻撃ができたりします。

このようにモンスターによっては全くするチャンスがないものもあるので、やり方を知ったからと、あれもこれもと挑戦していると結構失敗します。

乗りのやり方とコツまとめ

①遅くて頭が下がってる(もしくは背が低い)モンスターに、小さな段差で狙う

②片手剣を使え

③滑空の装具を使って、ジャンプ範囲を広げる

④それ以外は諦める

おしまい

 
【★ブクマ推奨】人気記事ランキング
1位 大モンスター"全"素材効率早見表

モンハンwモンスター素材
2位 最速!【全施設】解放条件一覧
3位 大モンスター肉質&弱点まとめ
4位 全鉱石集め効率ルート
5位 ボウガン専用!全『弾の実』採取マップ
Sponsored Link
PAGE TOP ↑