モンハンワールド捕獲|3分で分かるやり方、タイミング、スキルの全て|モンハンワールド(MHW)

モンハンワールド捕獲|3分で分かるやり方、タイミング、スキルの全て

 
Sponsored Link
 

目次では長いように見えるが、表が多いのでさらさら読み流せると思う。では3分間だ。

捕獲と討伐の違い【MHW】

  捕獲 討伐
時間
コスト
素材
狩猟クエ
討伐クエ ×
捕獲クエ ×

表はイメージですが、大体表記通り。

時間

捕獲◎ 討伐◯

最後の一息を削らなくて済む分、捕獲の方がクリアスピードが上がる。ギリッギリの戦闘をしているときや、せっかく減らしたのに時間が足りずにもう無理だというときに、捕獲を試してみるのもよくある。

ただし捕獲するタイミングを見計らう瞬間もなく、瞬殺してしまう場合に限り、捕獲のほうが時間がかかる。

コスト(アイテム)

捕獲△ 討伐◎

捕獲は時間が短くて済むが、アイテムを使用しなければならない。罠+捕獲用麻酔薬2つを使って捕獲するからだ。

作り方は後述するが、捕獲を繰り返すと、毎回『マヒダケ×2、ネムリ草×2、トラップツール、電光虫』を最低消費することになる。

素材

捕獲◎ 討伐◎

捕獲報酬と素材剥ぎ取りによる入手の違い。

どちらがいいかというと、なにを狙うかによって変わるため、共に◎。

剥ぎ取り 捕獲
火竜の骨髄 5%×3 ×
火竜の逆鱗 × 5%

例を見ると、リオレウスでは、骨髄と逆鱗でどちらを選択するべきかが変わる。狙う素材によって、捕獲と剥ぎ取りでかなり確率が違うのだ。

どちらにするのかは、なかなか手に入らないものを狙ったり、ピンポイントで素材を探しているときには、下記のようなページで確率を確認すべきだろう。

素材の表を見てみる【タッチ】

狩猟・討伐・捕獲クエスト

討伐クエストのときに捕獲をするとクリアにならないし、捕獲クエストのときも同じ。狩猟クエストはどちらを選択してもいい。
(基本は狩猟クエストの方が多いですが、毎回チェックしておきましょう)

まとめ

  1. 捕獲のほうが早い
  2. でも捕獲はアイテム使用する
  3. 素材メリットはどっこいどっこい。
  4. 素材によって使いわけもあり
  5. クエスト種類に気をつけろ

捕獲の準備【必要なアイテム】

捕獲では、①罠に掛けて②捕獲用麻酔玉を投げる。

  ①罠 ②捕獲
パターン1 シビレ罠 捕獲用麻酔玉×2
パターン2 落とし穴 捕獲用麻酔玉×2

罠は2種類ありどちらでもよく、捕獲用麻酔玉は1種類だ。

シビレ罠=トラップツール+電光虫

シビレ罠(調合)
トラップツール 電光虫
物資補給所
200z
古代樹の森
(12,15,16,17,18)

電光虫は、植生研究所で増やせる。落とし穴と比べても簡単に作ることができるため、こちらを使うことが多い。

落とし穴=トラップツール+ネット

落とし穴罠(調合)
トラップツール ネット
物資補給所
200z
ツタの葉+蜘蛛の巣

ツタの葉:古代樹の森(3,13,15,16×2個)
蜘蛛の巣:古代樹の森(2,7,10,14)

捕獲用麻酔玉

落とし穴(調合)
マヒダケ ネムリ草
古代樹の森(2,11)
大蟻塚の荒地(4,5)
古代樹の森(14)
大蟻塚の荒地(4×2個,9)

ちなみに、ボウガン用の捕獲用麻酔弾は物資補給所に売っている。ずるい

まとめ

  1. トラップツール(シビレ罠・落とし穴)
  2. 電光虫(シビレ罠)
  3. ツタの葉(落とし穴)
  4. 蜘蛛の巣(落とし穴)
  5. マヒダケ(捕獲用麻酔玉)
  6. ネムリ草(捕獲用麻酔玉)

6つの素材は覚えておくことをおすすめする。見つけたときに拾っておけば、捕獲したいときにわざわざ素材を探しに行く必要がなくなる。

Sponsored Link

捕獲の3ステップ

  1. 一定ラインまでダメージを与える
  2. 落とし穴かシビレ罠に掛ける
  3. 捕獲用麻酔玉2発当てる

どんなモンスターでも、この流れは不動である。

端的に言えば、『弱ってから罠にかけて、捕獲用麻酔玉2発当てろ』ということだ。そこまで難しいものではない。

その中でも、『1』の一定のラインとはいつなのか、つまり捕獲のタイミングを見極めることが、ちょっとだけ難しい。

罠やシビレ罠は簡単に掛けることができるし、捕獲用麻酔玉だって罠にかければ『ポイ、、ポイ、、』で終わる。

よって、捕獲のタイミングが何より大事だ。

★捕獲のタイミング

MHWでは、捕獲可能の体力ラインが存在する。

そしてそれは、足を引きずるより少し前ということだ。

捕獲可能ライン 足引きずり
残り体力 14% 10%

イメージとしてはこんな感じ。詳しい数字は明らかになっていないのでわからないが、足を引きずって巣に帰ろうとしていたら、もう捕獲できるということだ。

ちなみに、攻撃が怒涛すぎると、捕獲する暇もなく討伐してしまうことがある。熟練者でもよくやるミスなのでどうしようもない。

そしてそれを防ぐスキルもある。しかも足を引きずる前に、捕獲可能ラインが分かる。

補助スキル:捕獲の見極め

捕獲が可能になるラインを、明確に教えてくれるスキル。左下のマップにうつるロゴによって知らせてくれる。

マルチプレイで捕獲するなら、1人が必ず持っていくぐらいには有用なスキルで、ソロでももちろん使える。

装備に関しては、現在編集中。

 

その他:捕獲に役立つ知識4個

1:麻酔玉の予備は、複数持っておくべき

なぜか2回で捕まえられないことが発生する時がある。止まっている相手に外す凡ミスもある。よって、麻酔玉は8個まとめて持っていくのをオススメ。基本は2個消費して終わるが、捕獲するために行ったのに出来なかったら最悪だ

2:挑発の装衣

罠にかけやすい装具。

3:スリンガーの弾

はじけクルミ、尖鋭石は、逃げる相手を1発で怯ませて、戦闘復帰状態にすることが可能のため、『当てて、即罠を張る』というコンボが容易にできる

麻痺投げナイフも逃げる相手に当てて足止めし、足元に罠を張ることができ、便利だ。

3:リオレウス、リオレイアは捕獲した方がいい

この2体は、逆鱗と紅玉という極めてレアな素材を出してくれるが、剥ぎ取りでは一切でない。他の素材と比べても出にくさは圧倒的だ。よって慣れてきたらリオレウスリオレイアは、長い目で見れば、コツコツ捕獲しておいたほうが、あとで素材集めが楽になる。

4:古龍は捕獲できない

できない。

 
【★ブクマ推奨】人気記事ランキング
1位 大モンスター"全"素材効率早見表

モンハンwモンスター素材
2位 最速!【全施設】解放条件一覧
3位 大モンスター肉質&弱点まとめ
4位 全鉱石集め効率ルート
5位 ボウガン専用!全『弾の実』採取マップ
Sponsored Link
PAGE TOP ↑